AsOrderマニュアル

提供: AsWiki
移動: 案内検索

概要

クライアントアプリ

ダウンロードとインストール

AppStoreで「AsOrder」や「AsApp」を検索してアプリをインストールしてください。

アカウント申請

初回インストール後、アカウント情報が設定されていない場合、アプリを起動した時、アカウント申請画面が表示されます。 初回以外の場合、ログイン画面の「設定」>>「申請」でアカウント申請画面まで遷移できます。

申請画面で必要な情報を入力し、「登録」ボタンを押下して申請を行ってください。 ※ご入力の情報が間違った場合、新規登録のアカウント情報を受信できないので、必ず正しい情報であることをご確認の上「登録」ボタンを押してください。

アカウント申請画面.png

設定

アカウントを申請後、設定画面の情報が自動的に設定されます。基本的に変更する必要がありません。各設定項目を説明します。

サーバURL
管理システムのURLを設定します。普段は修正しないでください。間違った場合、ログインやデータ送受信などができなくなります。
会社コード
申請した会社コード。このコードを必ずメモして置いてください。管理画面にログインする時も必要です。
発注先コード
管理画面の発注先マスタに登録した発注先コード。新規アカウントの場合、デモ用倉庫コードが生成されていてセットされます。
端末ID
管理画面の[端末マスタ]に登録した端末コード。新規アカウントの場合、デモ用端末コードが生成されていてセットされます。
担当者コード
管理画面の担当マスタに登録した担当者コード。新規アカウントの場合、デモ用担当コードが生成されていてセットされます。

設定order.PNG

ログイン

端末に設定したパスワードでログインします。

日付は、デフォルト「本日」です。 「本日」以外の発注入力をする場合は、変更して登録してください。

ログイン order.PNG

業務機能

発注データを登録する事が出来ます。

業務メニュー order.PNG


発注

発注する商品のバーコードを読み取り、数量を入力し、登録します。 バーコードを2回読めば、数量が2とカウントされます。 バーコードを読んだ後に、数量「2」とすることもできます。

商品マスタが入っていると、読み取った後、商品名が表示されます。

商品マスタが登録されていなくても、登録をすることは可能です。ただし、この場合は、後からマスタ登録し、「引当」処理をしてください。 そうすることによって、マスタ登録が後手になった場合でも、運用を止めません。


なお、バーコードは、iOSのカメラを使っての運用も可能ですが、AsReaderを使うと、高速な読み取りを実現化しますので、より高度な運用ができます。

発注 order.PNG

点検

登録した内容を確認するための一覧画面です。

発注一覧 order.PNG

発注一覧

登録済みの発注データを表示します。

日付を変更する事により、過去日のデータを参照する事も出来ます。


発注一覧詳細 order.PNG

ログアウト

「ログアウト」ボタンで、ログアウトをします。

ウェブ管理画面

マスタ管理

一つ一つを設定いただくのですが、ウィーザード形式での登録機能もつけていますので、その案内に従って登録いただくと簡単に登録が可能です。

端末マスタ

iPhoneや、iPod touchなどの端末情報を管理するマスタです。 端末は、自社で管理する番号体系にて、管理をしてください。

本システムは、端末ごとにライセンスが必要になります。

これとは別に、システムでは、1台ごとにUDIDという番号を付加して管理しています。 別の端末とライセンスを入れなおすなどの場合は、別途、この端末マスタの設定を修正して下さい。

担当マスタ

システムにデータ登録するための担当を設定することができます。

誰が登録したのかを管理したい場合などに使ってください。

商品マスタ

商品や、材料など、管理するものについてのマスタです。

マスタ設定している商品については、バーコードを読んだ時に「商品名」を表示するなどができるようになります。

なお、商品マスタがあるものしか、登録をさせないのか、登録をさせるのかは、端末毎の設定ですることができます。

発注元マスタ

発注登録の時に登録できる「発注元」のマスタです。 必要に応じ、ご利用ください。 ※注意:
■所属端末
情報セキュリティの観点で、発注元を限定のユーザーや端末にしか表示させないという制御が必要になる場合があります。 例として、卸売主がAsOrder端末を得意先(発注元)に配って注文登録してもらう場合、 この端末ではこの得意先以外の得意先の情報を表示しては行けない場合が多い。 この場合、発注元画面で、該当得意先を特定の端末に設定すれば、この端末から、設定されている発注元しか表示されません。 端末がある発注元に設定された場合、その端末に設定された発注元しか表示されません。 発注元に設定されていない端末はすべての発注元が表示されます。


■所属ユーザー 基本的に所属端末と同じ考え方です。 店舗用のユーザーを作成して、店舗に渡した場合、管理画面にログインすれば、限定下発注元の発注履歴を表示することができます。

発注先マスタ

発注登録の時に登録できる「発注先」のマスタです。 必要に応じ、ご利用ください。

仕入先マスタ

商品マスタとひもづけされた仕入先マスタを登録する事ができます。仕入先別発注の集計に使用できます。

ユーザーマスタ

ウェブ管理画面をつかうユーザーを設定するマスタです。 最初は、管理ユーザーのみになっていますが、複数人で使われる場合は、このマスタにて管理してください。

ロールマスタ

上記のウェブ管理画面に入るユーザーに対する権限のマスタです。

どの権限を渡すのかを設定することができます。

区分マスタ

発注登録時に、登録するデータの区分分けをすることができます。

例えば、「通常」「在庫欠品」「セール用」など、事前に登録する事により、発注ーデータを分けられます。

ライセンスマスタ

端末毎のライセンスを管理するマスタです。 ライセンス購入については、ウェブサイト、または、購入された代理店などにお問い合わせください。

業務管理

端末で登録されたデータを検索することができます。

条件を入れて、検索してください。 検索条件は、隠したり表示させたりすることもできますので、一覧画面を大きく使いたい場合などに有効です。

また、検索したデータを、CSVでのダウンロードすることも可能です。

発注一覧

登録した発注を一覧で確認する事ができます。