AsTime

提供: AsWiki
移動: 案内検索

140atnd icon.png

最新バージョン

2.2.20

リリースノート

  • 2.2.20
#19221 [端末]カメラーでバーコード読み取れるように対応する
#19140 [端末]出勤データにGPS情報を保存するように対応する
#19080 [端末]イベントマスタ追加する
#18677 [端末]サーバからローカルDBをダウンロードできるようにする
#18679 [端末]ログ出力機能を追加
#18604 [端末]ライセンス購入ボタンを追加
#18531 [端末]端末認証機能を追加。同じ端末IDを複数端末でログインできなくなる
#18205 [端末]アカウント申請機能を追加
#18335 [端末]バーコード手入力できるようにする
#18211 [端末]自動再送信機能を追加
#18212 [端末]ローカルDBをFTPサーバに上げる機能を追加

#19398 [WEB]オンラインでライセンス購入できるようにAsShopと連携する
#19079 [WEB]イベントマスタを追加し、イベント別で勤怠管理できるように対応
#19010 [WEB]ユーザマスタにlocaleを保持できるようにする
#19139 [WEB]出勤一覧に打刻した位置情報を地図で表示できるように対応する
#18805 [WEB]JSの国際化フレームワークを作成
#18739 [WEB]端末マスタにUDID削除機能を追加
#18674 [WEB]端末のライセンスの管理画面を追加
#18566 [WEB]勤怠一覧を閲覧できるユーザーを制限する。デフォルトは自分しか閲覧できない。ユーザマスタの設定で、閲覧できる管理対象ユーザを選択することをできるよにする
#18564 [WEB]パスワードリセット機能を追加
#18536 [WEB]勤怠テーブルに手入力区分を追加、バーコードではなく社員コードを手入力の場合、手入力が表示される。
#18530 [WEB]端末認証APIを追加し、端末IDを複数端末間で共有ログインできないようにする
#18264 [WEB]送信エラーの場合でも送信継続できるように、エラーテーブルを追加し、エラーデータをエラーテーブルに登録されるように対応する

サービス概要

AsTimeはiPod/iPhoneを使って会社の勤怠、イベントの出席、クラスの出席などのデータをバーコード、NFCを活用して収集し、クラウドで管理するサービスです。バージョン2.2.20ではバーコードとNFCを対応しています。

AsTimeできること
  • iPod/iPhoneで勤怠管理できる
  • AsReaderと100%サポートし、バーコードやRFIDでデータ収集できる
  • 1つのアカウントで複数のイベントを登録でき、各イベントのそれぞれのデータを収集できる
  • 収集したデータをクラウド上で閲覧できる


ご利用開始するまでの3ステップ
  1. アプリをダウンロード
  2. アプリにてアカウントをリアルタイム申請
  3. マスタ登録して利用開始

※アカウント申請後デモ用マスタが作成されるので、すぐでもご利用いただけます。

システムの機能概要についてはマニュアルを参照してください。